03-5375-6266
診療時間
9:30-13:00 / 14:30-19:30
土日は、18:00まで
休診日
水曜・祝日
WEB予約 Instagram

小児予防矯正

PEDIATRIC ORTHODONTICS

不正咬合の「原因」を診断し
「原因」を治療する

小児予防矯正~歯並びを悪くする前に予防する~

歯並びが悪くなるのには原因があり、遺伝はあまり関係ないことが分かってきています。
背が自然と大きく成長するように、あごも本来の成長発育ができると、全身の健康に良い影響を与えます。

当院ではこれらのお子さんの様々な病気や悩みを解決できる小児予防矯正(OMT)に取り組んでいます。

お子さんにこんな症状・お悩みはありませんか

Case.01お口ポカン
お口で息をしていると、空気以外のウイルス、細菌、ホコリ等がダイレクトに体内に入ってしまいます。
Case.02舌が短いと言われた
舌が正しく動かせないくらい短いことが、歯並びの悪化の原因となります。
Case.03指しゃぶりをする
咬み合わせがズレたり、出っ歯になったり、アゴの適切な発育を妨げたりすることにつながります。
Case.04いびきをかく
小さいアゴ、筋肉のない舌が原因で気道をふさぐことにより起こることがあります。
Case.05いつも鼻がつまっている
アゴが小さいと鼻の通り道や、気道も狭いため、ますます鼻はつまりやすくなります。
Case.06乳歯の段階で
歯にスキマがない
これから生えてくる永久歯は乳歯より大きいため、歯が並ぶスペースが足りなくなることが予想されます。

実はこういった症状が
歯並び・咬み合わせが悪くなる原因となっているかもしれません

小児予防矯正とは

小児予防矯正は歯並びを悪くしている原因を改善し、(場合により矯正装置を使用して)子ども自身がもつアゴの成長を利用して無理なく歯並びの悪化を予防する方法です。そのため、アゴの成長中である5~8歳までの間にスタートできるのが理想です。不正歯列の兆し自体は5~6歳頃には見られることがほとんどです。早めに治療をスタートできると、治療もそれだけ大変にならず自分の力のみで良い成長方向に持っていくことができます。

同じような歯並びや咬み合わせでも一人ひとり原因は異なります

頬杖や舌遊びなどお口の癖が引き起こすトラブルは口腔内だけに留まりません。心身の成長にも悪影響を及ぼす可能性が高いのです。
口腔内だけに留まりません。アゴの発育が弱いと気道も成長できないので、結果として体に必要な酸素が届かず、心身の発育を妨げる原因となります。原因の上流にあるものは何か。複雑に絡み合う要素をほどいていくために、子ども一人ひとりに合った治療の計画を立てて進めていきます。

当院の小児予防矯正

OMT(顎顔面筋機能療法)

OMT(顎顔面筋機能療法)とは、アゴが適切に成長するために必要な4つの条件(呼吸、舌、口唇閉鎖、嚥下)が正しく機能できることを目指します。これらの筋肉が正しく機能すればアゴが適切に発達し、歯を正しい位置に導くことが可能になります。

マイオブレースと呼ばれるマウスピース型装置をメインで使用し、鼻呼吸、口を閉じる事、舌は上、正しい飲み込みを日々練習することで自分自身の筋肉が歯並び、咬み合わせを正しい方向に変化させていきます。

治療期間
約2年
回数
約24回
費用
プログラム料金 550,000円~660,000円(税込)
検査代 38,500円(税込)
アクティビティ代 毎月 5,500円(税込)

Merit

  • 副作用や痛みがほぼなく、お子さんの負担が少ない治療
  • 子ども自身のもつ成長する力を利用した治療なので、ワイヤーや抜歯の可能性を限りなく少なくすることができる
  • つけっぱなしの装置ではないため、他の方に気づかれずに治療を進めることができる

Demerit

  • 保険が適用できないため自費診療になる
  • トレーニングのレクチャーを受けるため、定期的に通院する必要がある
  • 習い事などで忙しいと、毎日のトレーニングが挑戦になることがある

小さい頃の予防矯正で歯並びだけでなく全身の健康に良い影響を与える

小児矯正の主な目的は、アゴの骨の発育を正常に促すことです。アゴの骨の幅が狭かったり、長さが短かったりする場合は、骨格の発育が遅れている可能性があります。そうしたケースでは、小児矯正を行うことで遅れた発育を正常に戻すことが可能です。
その結果として、歯がきれいに並ぶためのスペースも確保されます。
小児矯正を受けていれば、できる限り便宜抜歯を回避できる可能性が高まります。その他、治療期間の短縮や治療費に抑制にもつながります。

“歯並びだけではなく、その土台であるアゴを適切に発育させます

従来の方法

  1. Step01

    歯が詰まった状態

    まだ大人の歯は全て生えていないけど、今の状態だと大人の歯が並びきらないことが予想されます。

  2. Step02

    抜歯

    誰か他の歯にどいてもらうことで他の歯を整えることができます。成長のリミットが完了してしまったら、アゴのスペースを作ることはできないからです。

  3. Step03

    永久歯のスペースを確保

    残った歯を並べます。ただ、歯を抜いたアゴは、ますます小さくなり、口元が貧相になるなどの問題も残ります。

当院の子どもの成長する力を利用した方法

  1. Step01

    アゴをゆっくり広げて
    スペースを作る

    このままだと永久歯全てがゆったり座ることができません。
    どうやって全ての歯が問題なく座ることができるでしょうか?

  2. Step02

    歯を抜かないで
    歯並びを治療

    お子さんのアゴの成長に合わせてゆっくりとアゴのスペースを広げていきます。
    お子さん自身の持つ成長の力を利用することでアゴの拡大が可能になります。

  3. Step03

    歯を抜かないで
    永久歯のスペースを確保

    子どもの時期から歯並びに異常が認められる場合、アゴの成長時期である小学校低学年の頃からアゴの発育を妨げている原因にアプローチできると抜歯の可能性を限りなく少なくすることができます。

小児予防矯正(OMT)の流れ

Flow01初診・カウンセリング

最初のカウンセリングでは、今のお子さんに起きていること、今後の予測、原因から改善する必要があること、治療方法、治療期間及び費用の概略について説明いたします。

Flow02精密検査

お子さんの顔やお口の中の写真、舌の動きを見るために動画を撮り、レントゲン写真、診断に必要な歯の型を採取など、治療計画を立てるために必要なデータ取得を行います。

Flow03検査結果・治療提案

歯科医師による診断を行い、使用する装置の説明や治療計画について分かりやすく丁寧にお話します。その後、診療費用や支払い方法等についての詳しく説明してご納得いただけたら、契約という流れになります。

治療説明や費用・メリットデメリットにご理解いただいた上で、お口の状態に合わせて治療をスタートしていきます。

定期的に歯のメインテナンスを受けましょう

歯並び、咬み合わせがキレイになっても、虫歯になっている、歯がボロボロ…では元も子もありません。自分の歯の寿命をできる限りもたせるためにも、日々のクリーニングは欠かせません。特に夜間マウスピースを装着すると虫歯になるリスクが高まります。定期的に衛生士によるクリーニングを受けましょう。

小児歯科