03-5375-6266
診療時間
9:30-13:00 / 14:30-19:30
土日は、18:00まで
休診日
水曜・祝日
WEB予約 Instagram

親知らずの抜歯

WISDOM TEETH

親知らずを抜くか抜かないか
見極めが重要

親知らずの抜歯~口腔外科~

親知らずとは、永久歯が生えそろった後に、歯列の一番奥に生えてくる歯です。咬むことが減った食生活への変化により、小さくなった現代人の顎には親知らずが生えてくるスペースがないことがほとんど。そのため、まっすぐに生える親知らずは稀で、ほとんどのケースで横向きに生えたり、斜めに生えたりして、歯ぐきに炎症を引き起こすことがあります。
正常に生えていない親知らずは周囲の歯を圧迫して歯列を乱したり、お口の中で歯ブラシが届きにくい場所を作り虫歯を招きやすくなったりするため、注意が必要です。

どんな親知らずも抜歯が必要?

正常に生えてくることが少ないため、お口のトラブルを招きやすい親知らず。しかし、親知らずは必ずしも抜歯せざるをえないというわけではありません。歯列を乱したり病気を招いたりしなければ、抜歯せずに残すことも可能なのです。

  • 抜歯が必要となるケース

    • ブラッシングが行き届かず、虫歯や歯周病を招く可能性が高い
    • 生え方に問題があり(横向き・斜め・歯ぐきに埋もれている)、痛みや炎症がある
    • 親知らずが周囲の歯を押して歯列を乱している
    • 咬み合う歯がない
  • 抜歯しなくてもよいケース

    • 上下4本の親知らずがきちんと生え、正常に咬み合っている
    • ブラッシングが行き届き、虫歯や歯周病になるリスクが低い

親知らずをそのまま残せれば、将来、他の歯を失ってしまったときに歯の移植に利用できます。とはいえ、抜歯の必要の有無は専門家による正しい診断が必要です。正しい診断のためには、歯や骨の奥行き・幅・厚みなどが正確かつ立体的に把握できるCTの活用が有効です。当院ではCTを用いて精度の高い診断を行っておりますので、「親知らずが原因かな?」と思うような奥歯のうずきや痛みがあれば、できるだけ早めに当院へご相談ください。

様々な口腔外科治療

口腔外科とは、お口の内外に関わらず、お口周辺の幅広い範囲のトラブルに対応した治療メニューです。
当院では、親知らずの抜歯以外の疾患にも対応しています。

歯の外傷

衝突などの強い力が加わって歯が抜けてしまったとしても、早急に処置すれば元に戻すことが可能です。事故などで歯が抜けてしまった場合は、ご連絡のうえ、抜けた歯を持って当院へお越しください。咬み合わせを最優先に治療を行います。

口内炎

お口の中の粘膜、舌や頬の内側にできる口内炎は、口腔外科で治療できます。 単なる口内炎だと思っていても、実はガンだったということもあります。なかなか治らない口内炎があるようでしたら、お早めにご相談ください。

インプラント

補綴(ほてつ)治療のひとつであるインプラントも、口腔外科の診療メニューのひとつです。当院では、安心・安全のインプラント治療への取り組みも行っています。

インプラント