03-5375-6266
診療時間
9:30-13:00 / 14:30-19:30
土日は、18:00まで
休診日
水曜・祝日
WEB予約 Instagram

根管治療

ROOT CANAL TREATMENT

虫歯がひどくなった時の
根っこの治療

根管治療~深い虫歯の治療~

虫歯が歯髄まで達していると、抜歯が必要となることがあります。しかし、抜歯はお口の中の歯列バランスを崩壊させるリスクがあるため、できるだけ避けたい方法です。そこで、抜歯リスクを回避するために行う治療が、歯髄を除去する「根管治療(こんかんちりょう)」です。

根管治療の流れ

根管治療は、歯の根の内部にある「根管」から汚染部位(歯髄)を取り除き、根管内を洗浄・消毒した後、薬剤を詰める治療法です。最後には、上部に被せ物を装着し、しっかり咬めるよう歯の機能を回復させます。

  1. Flow01

    汚染部位の除去

    虫歯に汚染されている、歯質と根管内の歯髄(血管・神経)を取り除きます。

  2. Flow02

    根管内の計測

    根管内の深さを、専用の器具を使って計測します。

  3. Flow03

    根管内の洗浄

    根管内部をきれいに洗浄します。

  4. Flow04

    根管内の消毒

    根管内部に細菌が残らないよう、しっかりと消毒をします。

  5. Flow05

    薬剤の注入

    根管内部から歯の根の先まで、隙間なく薬剤を注入します。

  6. Flow06

    土台形成と被せ物装着

    被せ物を装着するための土台を立て、被せ物を装着して歯の機能を補えば完成です。

もう虫歯にならないために

虫歯は、歯垢に生息する虫歯菌が原因の感染症です。また、虫歯菌は数を減らすことができても、完全にお口の中から除去するのは不可能といえます。そのため、虫歯治療後は再発を招かないよう、メインテナンスを行うことが大切です。

当院では、虫歯を早期発見・早期治療にするために、予防処置のメニューを各種ご用意しております。毎日の適切なブラッシングだけでは、どうしてもみがき残しが生じ、歯垢がたまりやすくなってしまいます。客観的な視点で虫歯を予防するためにも、ぜひ3~4カ月に1回のメインテナンスを受けましょう。

予防歯科